HOME > オーダーメイドの矯正治療 > 矯正治療中の歯の動き

矯正治療中の歯の動き

スタンダードエッジワイズ法の一般的な流れ

スタンダードエッジワイズ法の矯正治療が、実際にどのように進められるのか、一般的な流れを具体的な症例と一緒に見ていきましょう。

スタンダードエッジワイズ法には、ワイヤーに歯を引っ張る際の土台を作ったり、一本一本の歯ごとに異なる傾きをワイヤーに付けたりできるという特徴があり、特に仕上げの段階(以下の「非抜歯の場合」の(4)、「抜歯の場合」の(5))で、他の矯正法との差が明らかになります。

また、抜歯をするかどうかで治療の手順が多少異なります。抜歯の要・不要は、歯の状態や口元の状態を診断した上でご提案します。詳しくは「抜歯について」をご覧ください。

非抜歯の場合

STEP1
歯のデコボコや
垂直方向の位置を整えます

非抜歯の場合1

▼

STEP2
ゴムを使い
上下のズレを直します

非抜歯の場合2

▼

STEP3
ブラケットの位置を確認し
再度並べ直します

非抜歯の場合3

▼

STEP4
歯や歯根の位置関係を
三次元的に微調整して仕上げます

非抜歯の場合4

※画像提供:新潟大学歯学部 咬合制御学分野・八巻正樹先生

非抜歯の治療例

この患者さんの場合、なにより歯のデコボコが少なく、鼻も高くて口も自然に閉じることができました。
あごの前後のズレもほんの少しであったので、非抜歯で矯正治療を行いました。

大人の矯正治療例
治療前と治療後

矯正治療中の歯の動き
矯正治療中の歯の動き

抜歯の場合

STEP1
歯のデコボコや
垂直方向の位置を整えます

抜歯の場合1

▼

STEP2
犬歯、大臼歯を、
治療計画に基づく位置へ移動させます

抜歯の場合2

▼

STEP3
犬歯、大臼歯の位置に合わせて
前歯を後ろに移動させます

抜歯の場合3

▼

STEP4
抜歯でできたスペースや
元々空いていたスペースが埋まった状態です

非抜歯の場合4

▼

STEP5
歯や歯根の位置関係を
三次元的に微調整して仕上げます

非抜歯の場合5

※画像提供:新潟大学歯学部 咬合制御学分野・八巻正樹先生

抜歯の治療例

この患者さんの場合、口を自然に閉じることができません。調和のとれた口元にするためには、抜歯をする必要がありました。

抜歯の治療例
治療前

抜歯の治療例
治療後

この症例の治療期間:非抜歯例:1年4ヶ月 抜歯例:2年
通院回数:月1回程度の通院
診断名あるいは症状:非抜歯例:反対咬合 抜歯例:上突咬合
年齢:非抜歯例:30代 抜歯例:7歳1ヶ月
抜歯部位:Ⅱ期で上顎下顎第1小臼歯
非抜歯例:80~100万円(税別)
抜歯例:Ⅰ期30~50万円(税別) Ⅱ期40~70万円(税別)
※別途、初診相談料5千円、検査診断料5万円

【副作用・リスク】
初めて装置を装着した時やワイヤー調整後、個人差はありますが、違和感や咬むと痛みを感じることがあります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
歯を動かす際に、歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
歯並びを整え、咬み合わせを改善するため、やむを得ず健康な歯を抜くことがあります。
リテーナー(保定装置)を使わずに放っておくと、治療前の状態に後戻りすることがあります。

※一般的なリスク・副作用については、こちらのページにも詳しく掲載していますので、ご覧ください。

初診相談予約はこちら


TOP