HOME > 医院情報 > 院長・スタッフ紹介

院長・スタッフ紹介

院長 星 隆夫(ほし たかお)

院長

院長

日本歯科矯正医認定機構(JBO)認定医・認定審査委員

歯科矯正治療は、美しさを創造する医療です

歯を動かすことは簡単です。お口の中に装置を入れさえすれば、歯は簡単に動きます。ただ、正しい位置に歯を動かして上下の咬み合せをきちんと作ることは、トレーニングを受けた歯科医にしかできません。
むし歯の治療の目的は、歯を元の状態に戻すことです。矯正治療は、今までと全く違った新しい状態を作り出す医療です。元に戻す医療と異なり、目標となる“元”の状態がありません。ですから、矯正治療で作り上げられる咬み合せは理想的な状態である必要があります。

「この程度でいいだろう」という妥協は存在しません

きちんと上下咬み合うことで、初めて歯はその位置に留まることができます。妥協した場合、咬み合せが安定せず、咬むたびにいろいろな方向から歯に力がかかります。すると歯は新たな安定を求めて動き出します。これがリラプス(後戻り・再発)です。
このようにならないように上下の歯が互い違いにきちんと咬むように、言い換えれば、神様が作った通り(歯の解剖学的形態通り)の咬み合せを患者さんに与えることが歯科矯正治療です。
さらに言えば、その咬み合せは唇、頬、舌などの軟組織と歯や骨などの硬組織のバランスがとれた位置に存在し、美しく機能的な口元の構成要素となっていることが不可欠です。このような位置にきちんと咬み合せを作るには、技術だけでなく経験が必要です。当院にはこの技術と経験がありますので、ご安心ください。

治療の方法、期間、費用は患者さんごとに異なります

当院では初診相談時にレントゲンを撮影し、個々の患者さんごとの治療方針について説明します。院長の人間性はその際にじっくりご判断ください。

院長略歴

  • 1989年 新潟大学歯学部卒業
  • 1993年 新潟大学大学院修了 博士(歯学)取得
  • 1993年 新潟大学歯学部歯科矯正学教室研究生
  • 1994年 新潟大学歯学部歯科矯正学教室医員
  • 1995年 新潟大学歯学部附属病院矯正歯科助手
  • 2003年 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科診療室助手
  • 2006年 4月 同退職
  • 2006年 5月 星歯科矯正 開業

院内スタッフ

院内スタッフ

患者様に永く健やかに過ごしていただくため、スタッフ一同笑顔でサポートいたします。
ご不安なことはお気軽に何でもご相談ください。お待ちしております。

初診相談予約はこちら


TOP