HOME > 大人の矯正治療 > 上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)とは?

上の歯が突出している状態です。突出の程度により、正常と不正の線が引かれますが、その線引きは難しく、患者さんが「上の歯が出ているのが気になる」と訴えられた時に矯正治療となります。特に、ご本人が気にされてなくても、歯が折れたり、脱臼など外傷の危険があったり、唇が閉じ辛い場合は、矯正治療をお勧めする場合があります。

大人の矯正治療例

ケース1

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

患者さんは、24歳の女性です。上の前歯の歯並び、特に飛び出た2番目の歯が治したいと来院されました。日本人には珍しい II 級二類という特殊なタイプの上顎前突です。上顎の小臼歯を2本抜歯し治療を行いました。
大人の矯正治療では、子どもとは異なり、あごの成長を見込めません。そのため、あごのズレが大きい場合には抜歯をして、そのスペースを利用して飛び出した上の前歯を後ろに移動させます。

ケース2

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

22歳の男性です。出っ歯の治療を希望し、来院されました。
子どもの頃から出っ歯が気になってはいたものの、治す機会がなかったとのことです。上顎前突(出っ歯)は、上のあごが下のあごに比べかなり前にあることが原因でした。

上の歯を2本抜歯して治療を行いました。治療前後の横顔を比較すると唇のすっきり感がわかると思います。

この症例の治療期間:ケース1:2年6ヶ月 ケース2:2年7ヶ月
通院回数:月1回程度の通院
治療に用いた主な装置:マルチブラケット装置
抜歯部位:上顎第1小臼歯
標準的な費用の目安:65~95万円(税別)
※別途、初診相談料5千円、検査診断料5万円

【副作用・リスク】
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
矯正治療は基本的に保険適用外となります。
外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

初診相談予約はこちら


TOP