HOME > 大人の矯正治療 > 下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合とは?

上下の歯の咬み合せが反対になって、下の歯の方が上の歯よりも突き出た状態で、一般に「受け口」と呼ばれています。 前歯1本だけ咬み合せが上下逆になっているものから、4本以上の歯の反対咬合まで程度はさまざまで、審美的な面で気になさる方も多くいらっしゃいます。場合によっては、あごの手術を併用して矯正治療をすることがあります。顎変形症の手術を受けられた場合、当院での矯正治療は保険適用となります。

大人の矯正治療例

反対咬合/下顎前突は、生え変わりの時期(永久歯が生え揃う前)に治療を始めることをお勧めしていますが、もちろん大人の方でも治療は可能です。

ケース1

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

こちらは、30代の女性の治療例です。この方の場合、抜歯をしなくても大丈夫でしたので、非抜歯で、比較的短期間に治療を終えることができました。

ケース2

治療前
大人の矯正治療例

治療後

大人の矯正治療例

大人の矯正治療例

39歳の男性です。前歯の咬み合せが逆なこと、下あごが出た顔貌の改善を希望し、来院されました。骨格性の下顎前突です。
小臼歯の抜歯と、上下のあごの手術を併用し、治療を行いました。顎変形症の手術をされたということで、矯正治療は保険適用となりました。治療後は若々しくなられ、治療結果に満足していただけました。

この症例の治療期間:ケース1:1年4ヶ月 ケース2:2年10ヶ月
通院回数:月1回程度の通院
抜歯部位:ケース1:なし ケース2:上顎下顎第1小臼歯
治療に用いた主な装置:マルチブラケット装置
標準的な費用の目安:
ケース1:80~100万円(税別)
ケース2:80~100万円(税別)×0.3(保険適用3割負担の場合)として、約24~30万円(税別)
※外科手術費(保険)は別途【提携病院実施】
※別途、初診相談料5千円、検査診断料5万円

【副作用・リスク】
初めて装置を装着した時やワイヤー調整後、個人差はありますが、違和感や咬むと痛みを感じることがあります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
歯を動かす際に、歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
歯並びを整え、咬み合わせを改善するため、やむを得ず健康な歯を抜くことがあります。
リテーナー(保定装置)を使わずに放っておくと、治療前の状態に後戻りすることがあります。
外科矯正の場合は、入院による外科手術が必要となります。

※一般的なリスク・副作用については、こちらのページにも詳しく掲載していますので、ご覧ください。

初診相談予約はこちら


TOP