HOME > 矯正治療実況中継 > 矯正治療実況中継 第2回

矯正治療実況中継 第2回

2010年5月15日

第二回目は、上下顎に矯正装置をセットしました。
小臼歯4本の抜歯が必要だと診断いたしましたので、装置をセットする1週間ほど前に2回に分けておこないました。

上下顎に矯正装置装着

側面の様子

前歯の装置

前歯のブラケット

前歯は与五沢文夫先生デザインLLブラケット(ジルコニアバージョン)、なんと摩擦がコントロールできるデザインです。


側面の様子

ダブルウイングの片方だけしっかり結紮するとフリクションフリーで歯がよく動きます。ブラケットの形状により、ローテーションがとれやすくなっており、さらにオーバーコレクションも可能です。最近流行りのフリクションフリーのブラケットより一歩先行くフリクションコントローラブルブラケットです。でも基本形は1990年代前半には実用化されていました。最近流行りのフリクションフリーなんて所詮二番、三番煎じです。はい。

臼歯の装置

臼歯のブラケット

臼歯はコンベンショナルな方法ですが、バンドを用いています。当然ボンディングより強いですからトラブルは少ないです。

歯周病との兼ね合いで、バンドを嫌う先生もいますが、適切に作られたバンドは病的深さのポケットの部位までは入りません。よってバンドで病的なポケットを形成することはないです。

余剰のセメントに除去はきちんとしませう。(歯肉にセメントがみえる。説得力がない)

ワイヤー

ワイヤー

ワイヤーはステンレススチールの012インチです。
右上に愛を込めてみました。しかしながら歪んだ愛になってしまいました。

超弾性のワイヤーの方が痛くないという先生もいますが、痛みについては個人差が大きいし評価が難しいので比較は簡単ではありません。

「このワイヤーは痛くないですよ。」と矯正医にいわれたら、セールストークだと思ってください。