HOME > 矯正治療について > 子どもの矯正治療 > 永久歯が生えそろってからの治療 > 叢生(八重歯)

叢生(八重歯)

叢生とは?

叢生とは、一般に「八重歯」と呼ばれる、歯がデコボコに生えた状態です。歯が1本だけねじれて生えているものから、歯が生えるスペースが大幅に不足しているものまで、程度はさまざまです。

治療の目安

ご本人が気にされた場合、治療の対象となります。気にされない場合でも、叢生によって大きな負担がかかり、歯肉や歯槽骨の喪失が認められる場合は、治療の必要があります。また、将来的に虫歯ができたとき治療が難しいような歯並びの場合は、矯正治療をしたほうがいいかもしれません。

永久歯が生えそろってからの矯正治療例

こちらは、下あごはデコボコが少ない方でしたが、口元の美しさも考慮して、上下左右の前から4番目の歯(第1小臼歯)を抜歯して治療をおこないました。治療は2年で終わり、自然に口を閉じることができるようになりました。

治療前
永久歯が生えそろってからの矯正治療例 

治療後
永久歯が生えそろってからの矯正治療例