HOME > 矯正治療について > 子どもの矯正治療 > 永久歯が生えそろってからの治療 > 下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合とは?

上の歯と下の歯のかみ合わせが反対になって、下の歯のほうが上の歯よりも突き出た状態で、一般に「受け口」と呼ばれています。

前歯1本だけかみ合わせが上下逆になっているものから、4本以上の歯の反対咬合まで、程度はさまざまですが、そのままにしておくと、下の前歯の唇とのあいだの歯肉や歯槽骨が喪失したり、上あごの成長が抑さえられてしまったりといった悪影響が懸念されます。また、審美的な面で気になさる方も多いので、永久歯が生え揃う前に治療を開始するのが一般的です。

I 期治療に加え II 期治療をおこなった矯正治療例

反対咬合/下顎前突の患者さんで、その原因が下の顎の骨が大きいことにある場合、思春期の成長で身長がグンと伸びるときに、下の顎も大きく成長しますので、反対咬合が再発してしまう方がいます。

以下のケースはそのタイプです。この方は、 II 期治療で手術を併用して治療をおこないました。

I 期治療前
矯正治療例

I 期治療後
矯正治療例

II 期治療前
矯正治療例

II 期治療後
矯正治療例

※将来的に明らかに骨格性の下顎前突となってしまうことがわかる患者さんの場合でも、上あごの成長が抑えられないためと、下あごの前歯の健康のために、 I 期治療をおこなうことが一般的です。