HOME > 矯正治療について > 子どもの矯正治療 > 永久歯が生えそろってからの治療

永久歯が生えそろってからの治療

子どもの永久歯矯正治療

永久歯が生えそろってからの治療は「 II 期治療」といいます。歯や骨、歯ぐきや口元のバランスのとれた、きれいで機能的な永久歯のかみ合わせをつくっていきます。

だいたい、第一大臼歯までの永久歯が生えそろうまでを「 I 期治療」、それ以降を「 II 期治療」とします。個人差もありますが、目安として、中学生、高校生のお子さんは「 II 期治療」となります。

いろんな歯並びの II 期治療例

下顎前突/反対咬合(受け口)、上顎前突(出っ歯)、叢生(八重歯)以外にも、歯並び、かみ合わせ、口元のお悩みは、なんでもご相談ください。また、大人の治療例も参考になさってください。

下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合(受け口)

下の歯が、上の歯よりも突き出た状態。一般的に「受け口」と呼ばれるものです。放置すると、さまざまな悪影響が懸念されるほか、審美的に気にされる方もいらっしゃるので、永久歯が生えそろう前に治療を開始するのが一般的です(I 期治療)。また、I 期治療に引き続きII 期治療をおこなうケースもあります。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の歯が下の歯よりも大きく前に出た状態。どこまでが正常か、線引きが難しいところですが、「上の歯が出ているのが気になる」という方は、一度ご相談ください。また、出っ歯が原因で、歯が折れたり、脱臼など外傷の危険があったり、唇が閉じづらい場合も矯正治療をおすすめします。

叢生(八重歯)

叢生(八重歯)

歯がデコボコに生えている状態。いわゆる「八重歯」です。あごの大きさに比べ、歯が大きいことが原因です。歯が1本だけねじれて生えているものから、歯が生えるスペースが大幅に不足しているものまで、叢生の程度はさまざまです。多くの場合、叢生の矯正治療は、永久歯が生え揃った段階で治療を開始します。