HOME > 矯正治療について > 子どもの矯正治療 > 永久歯が生えそろう前の治療 > 開咬

開咬

開咬とは?

開咬とは、奥歯をかみしめたときに、前歯や横の歯がかみ合わない状態です。

お子さんの場合は、指しゃぶりや舌突出癖が原因で開咬となることがほとんどです。こういった癖をやめて、形を整える治療をおこなうと開咬は改善しますので、早めの治療をおすすめします。

指しゃぶりによる開咬

指しゃぶりが原因で開咬になってしまう方がいます。そのような場合は、まず指しゃぶりをやめていただきます。これだけで、開咬が治ってしまう方もいます。

指しゃぶりをやめただけでは治らない方は、矯正治療で、指しゃぶりで引き出された歯とあごを元の位置に戻すことが必要になります。

指しゃぶりは精神的充足をもとめた行為です。無理にやめさせると自傷行為等に変化することがあります。患者さんご自身がやめようという意志をもってやめる必要があるのです。やめるのが困難な患者さんのケースでは、指しゃぶりをやめるための動機付けとして、矯正治療により形を整えることを先行する場合もあります。

舌の突出癖による開咬

舌の突出癖が原因で開咬になってしまった方の場合は、矯正治療により、空いた前歯を閉じ、同時に舌の癖の修正をおこないます。最終的に、食べものをきちんと飲み込み、口が自然に閉じるようになることが目標になります。

永久歯が生えそろう前の矯正治療例

I 期治療前
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

I 期治療後
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

治療終了後―11歳10ヵ月時
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

指しゃぶりと舌突出癖のあった患者さんです。指しゃぶりをやめるよう指導し、矯正治療と平行して正常な、舌を突出させない嚥下を練習していただきました。また、日常生活できちんと唇を閉じることを心がけていただきました。

最初は9歳1ヵ月、I 期治療後が10歳11ヵ月。正常にものが飲み込めるようになり、口も自然に閉じる習慣が身につきました。11歳10ヵ月時にはきれいな永久歯の歯並びができあがりつつあります。