HOME > 矯正治療について > 子どもの矯正治療 > 永久歯が生えそろう前の治療 > 上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)とは?

子どもの上顎前突(出っ歯)

上の歯が突出している状態です。歯の傾きが原因の出っ歯は、永久歯に生え変わる時期に治療を行うと、きちんとした永久歯の歯並びになります。お子さんの場合はご本人が気にされてなくても、歯が折れたり、脱臼など外傷の危険があったり、唇が閉じ辛い場合は、矯正治療をお勧めします。

上顎前突(出っ歯)の方の治療の目安

子どもの上顎前突イラスト

上の歯が下の歯よりも大きく前に出ていて本人が気にしている場合、あるいは、下唇が上下の犬歯の間に入って下唇で上の歯を押して、さらに上の歯が出てしまうような場合は、治療をお勧めしています。 特に外傷の危険があるケースでは治療をお勧めします。

歯の傾きが原因の出っ歯

前歯の傾きが原因(歯性)の上顎前突(出っ歯)の場合、生え変わりの時期に治療を行うことにより( I 期治療)、多くのケースできちんとした永久歯の咬み合せになります。一方、生え変わりの時期に治療を行わずに放置すると、出っ歯のまま永久歯の歯並びが完成してしまいます。

あごの前後関係が原因の出っ歯

あごの前後関係が原因の出っ歯イラスト

上下のあごの前後関係が原因(骨格性)の出っ歯の場合は、あごの成長が終わる前であれば、器具で上あごの成長を抑え、下あごの成長を促すことにより、上下のあごの関係を改善できるケースがありますが、これは全ての患者さんに有効な手段とはいえません。その治療を行うか、永久歯が生え揃うまで待って治療を行うかは、ご相談の上決定します。

歯の傾きが原因でない場合でも、あまりにも前に出た出っ歯は、ボールや地面、鉄棒などにぶつかって、折れたり、抜けたり、欠けたりする危険が高くなります。そのような場合は、まずケガをする可能性を低くするために、一時的に前歯を下げ、その後、永久歯が生え揃ってから、治療を行います。

指しゃぶりによる出っ歯

指しゃぶりが原因で、上の歯が前に出た患者さんの場合、上顎前突(出っ歯)だけではなく、開咬(奥歯を咬みしめた時に、前の歯や横の歯が咬み合わない状態)が見られることも多くあります。 早い時期に、指しゃぶりをやめた場合には、それだけで出っ歯が治る場合もありますが、ある程度長期にわたって指しゃぶりをしていた場合には、上下のあごの前後関係に異常が起きていることが多く、矯正治療が必要となります。指しゃぶりの患者さんの場合は、指しゃぶりをやめることが第一です。やめても出っ歯・開咬が治らない時は、速やかに専門医を受診することをお勧めします。

永久歯が生え揃う前の矯正治療例

治療開始-7歳9ヵ月
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

8歳11ヵ月
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

11歳9ヵ月
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

治療終了―13歳11ヵ月
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

こちらは、歯の傾きが原因で出っ歯になったお子さんの治療例です。生え変わりの時期に治療を開始し、抜歯をして、治療を進めました。永久歯が生え揃う年齢では、きれいな歯並びができています。

この症例の治療期間 Ⅰ期1年+Ⅱ期2年
通院回数 月1回程度の通院
標準的な費用の目安 Ⅰ期30~50万円(税別) Ⅱ期40~60万円(税別)
※別途、初診相談料5千円、検査診断料5万円
副作用・リスク 歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。