HOME > 矯正治療について > 子どもの矯正治療 > 永久歯が生えそろう前の治療 > 下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合とは?

下顎前突/反対咬合とは?

下顎前突/反対咬合は、下の歯のほうが上の歯よりも突き出た状態で、一般には「受け口」と呼ばれるものです。
まだ永久歯が生えてきていないお子さんの場合、経過観察をすることがほとんどですが、まれに乳歯を削ってかみ合わせの調節をおこなうことがあります。

受診のタイミング

永久歯がまだ生えていないお子さんの場合は、片側のみ奥歯が反対咬合になっている場合以外、治療をおこなうことはほとんどありません。

永久歯が生える前であっても、気になった時点で相談に来ていただいて大丈夫ですが、治療の時期としては、永久前歯に生え変わりはじめて「反対になりそうだな」と思った時期でいいと思います。

乳歯の段階で治療しなくてもいいの?

乳歯の反対咬合をそのままにしておくことで、下あごが大きくなってしまい、そのせいで骨格性の反対咬合になるからと、永久歯が生えてくる前に治療したほうがいいとする考え方もあります。

ですが、そもそも、骨格性の反対咬合は、遺伝的な要因(そのお子さんの下あごが大きいという体質)によるものが大きいので、永久歯が生える前に治療をおこなっても、永久歯に生え変わり、思春期にあごが成長する時点で、結局、反対咬合になってしまうケースがほとんどです。

もちろん、永久歯が生えてくる前に一度治療を受けるだけで、きれいな永久歯のかみ合わせができあがる反対咬合もあります。その多くは、下あごの大きさには問題がなく、前歯の生える向きのみが原因の反対咬合です。ですが、その場合、歯の生える向きが原因の反対咬合は、歯の生えかわるときに、自然と反対咬合が治ることがありますので、永久歯が生えてきたタイミングに治療を開始すれば大丈夫と考えています。

永久歯が生えそろう前の矯正治療例

反対咬合の永久歯が生えそろう前の治療( I 期治療)は、歯の健康のためと、上あごの成長がとまってしまうことを防ぐため、おこないます。

下顎前突/反対咬合は、上あごと下あごの前後の位置や歯の傾きの異常が原因です。

歯の傾きが原因の場合

歯の傾きが原因の下顎前突/反対咬合の場合、永久歯に生え変わりはじめた時期の治療が有効で、その治療だけで永久歯が生えそろってからの治療( II 期治療)が必要ない場合もあります。 I 期治療で、そのまま永久歯がきれいに並ぶか、永久歯が生え揃ったら、また同じ反対咬合になるかは、成長期にあたりますので、患者さんごとに様子をみないと分かりません。

以下は、I 期治療のみで治療が完了したケースです。

I 期治療前
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

I 期治療後
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

治療終了後―17歳時
永久歯が生えそろう前の矯正治療例

あごの成長が終わる17歳時にも、歯列は安定しています。

上下のあごの前後関係が原因の場合

上下のあごの前後関係の異常による下顎前突/反対咬合の場合は、多くのケースで、まず、上の前歯が4本生えそろった時点で I 期治療をおこない、永久歯が生え揃って、下あごがほぼ成長し終わるまで経過観察となります。下あごの骨は、手足の骨と同じ種類の骨で、身長がグンと伸びる思春期に大きくなります。この成長で、反対咬合が再発する方がいます。この場合は、永久歯の治療( II 期治療)が必要です。反対咬合にならない場合でも、デコボコや、ほかに改善すべき歯並びがあれば、 II 期治療が必要です。 I 期治療後に、再度かみ合わせがおかしくなった場合も、引き続き II 期治療をおこないます。

引き続き、 II 期治療をおこなったケースについては、永久歯が生えそろってからの反対咬合/下顎前突治療をご覧ください。

チンキャップであごは小さくなるの?

以前は、お子さんの下あごを絶対的に小さくすることを目的としてチンキャップを使った治療を行っていました。そのままにしておくと、将来的に、下あごが10センチの長さになるとしたら、チンキャップをかぶることで、下あごの成長を抑制して9センチにしようとする考え方です。

ですが、チンキャップをかぶって、あごの成長を抑えることができるかというと、結果は「無理」でした。24時間チンキャップをかぶっても、かぶるのをやめたあとに成長が残っていると、抑えられた成長分が一気にキャッチアップし反対咬合が再発しました。もし、成長が終わるまで(女性で18歳、男性で25歳まで)、チンキャップを24時間使用すれば、下あごを小さくできるかもしれません。しかし、それでは社会生活が送れませんし、現実的な治療とはいえません。
チンキャップは反対咬合を治す装置としては今でも優秀な装置なのですが、これまでお話ししてきたように、下あごを小さくするという目的では使用できませんし、していません。

片側のみ奥歯が反対咬合の場合

片側のみ奥歯が反対咬合の場合、下あごが横のほうへ誘導される例が多く見られます。この状態をそのままにしておくと、あごの成長発育に悪い影響を及ぼし、顔が非対称になっていく原因となることがあるといわれています。この場合、すみやかな治療が必要となり、永久歯が生えはじめる前であっても、可能であれば治療をおこないます。両方の奥歯が反対咬合の場合も、あごの成長に影響を与えることが多いので、早めに矯正歯科専門医にご相談になられたほうがいいと思います。