HOME > 矯正治療について > 子どもの矯正治療 > 永久歯が生えそろう前の治療

永久歯が生えそろう前の治療

永久歯が生えそろう前の治療は「 I 期治療」といい、成長段階にあるお子さんの、今後の成長を予測しながら治療をすすめていきます。第一大臼歯が生えるまで、個人差はありますが、目安として小学生のお子さんが対象となります。

I 期治療をする必要がある場合

矯正治療の目標は、歯や骨、歯ぐきや口元のバランスのとれた、きれいで機能的な永久歯のかみ合わせをつくることです。治療目標が決まったら、「治療目標を明確にして、もっとも効率のよい方法で治療をおこなう」ようにしています。
混合歯列期に矯正治療をおこなった以上は、永久歯列に対する影響やその管理について責任の一端があると考えています。さらに、混合歯列期の治療は最終的な処置となる永久歯列期の治療と一体を成すべきものであり、永久歯列期のかみ合わせをどのようにつくりあげるかという青写真により、混合歯列期の I 期治療のやり方も変わってきます。

I 期治療をおこなう場合

  1. I 期治療をおこなうことで、 II 期治療の期間の短縮が可能な場合
  2. I 期治療により、 II 期治療において患者さんの負担が軽減する場合
  3. 現在の状況を放置すると歯や歯周組織、顎骨等に悪影響を与える場合

いろんな歯並びの I 期治療

下顎前突(反対咬合)、上顎前突、叢生、開咬の I 期治療(乳歯から永久歯に生え変わる時期の治療)について、当院の考え方を説明しています。実際に、不正咬合は、さまざまな要因が複合しておこっていますので、単純に判断のつくものではありません。お子さんの歯並びについてのお悩みは、いつでも、お気軽にご相談ください。

下顎前突/反対咬合(受け口)

下顎前突/反対咬合(受け口)

下の歯のほうが、上の歯よりも突き出た状態で、一般には「受け口」と呼ばれるものです。永久歯が生えそろう前のお子さんの場合、大半が経過観察となります。治療の開始時期は歯並びによって異なりますが、ご心配な場合は、永久歯に生えかわる前でも、お気軽にご相談にいらしてください。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の歯が下の歯よりも大きく前に出た状態、いわゆる「出っ歯」です。歯の傾きが原因の出っ歯の場合、永久歯に生え変わる時期に治療をおこなうと、きちんとした永久歯の歯並びになります。また、指しゃぶりも出っ歯の原因となります。まずは指しゃぶりをやめ、それでも出っ歯がなおらない場合は、早い時期にご相談ください。

叢生(八重歯)

叢生(八重歯)

歯がデコボコに生えている状態。いわゆる「八重歯」です。
あごの大きさに比べ、歯が大きいことが原因です。叢生の場合、概ね、永久歯が生え揃ってから開始すれば大丈夫ですが、乳歯が早く抜けて、奥歯が正しい位置よりも前に生えている場合には、永久歯が生えそろう前に治療を開始する必要があります。

開咬

開咬

奥歯をかみしめたときに、前歯や横の歯がかみ合わない状態です。
お子さんの場合は、指しゃぶりや舌を突き出す癖(突出癖)が原因で開咬となることがほとんどです。これらの癖をやめて、歯並びを整える治療をおこなうことで開咬は改善します。開咬のお子さんの場合、早めの矯正治療をおすすめします。