HOME > 矯正治療について > 大人の矯正 > 下顎前突・叢生を含む症例

下顎前突・叢生を含む症例

下顎を意図して時計方向に回転させて治療した症例

患者情報

診断症例
下突咬合(下顎前突)・叢生
初診時年齢
35歳8ヶ月
治療開始時年齢
35歳10ヶ月
動的治療期間
2年9ヶ月

治療前と治療後の比較

治療前と治療後の比較

顔貌(治療前)

治療前顔貌

顔貌(治療後)

治療後顔貌

こちらは外科手術をおこなわずに下突前突(下顎前突)の治療をおこなった症例です。
患者さんは専業主婦で入院できない環境の為、外科手術は希望されず矯正単独での治療を希望されました。
顎間ゴムを使用して上顎を前に出し、同時に下顎の歯の傾きを後ろに下げることで口元が下がっています。
動的治療後の口腔内写真では上顎の前歯は少し唇側に曲がっていますが、上顎が下顎よりも前に出て、咬み合せが改善されたことがわかります。

口腔内(治療前)

治療前口腔内

口腔内(治療後)

治療後口腔内

模型(治療前)

治療前模型

模型(治療後)

治療後顔模型

治療方針

上顎の左右第二小臼歯、下顎の右側第一小臼歯、下顎の左右側第二大臼歯を抜歯して治療をおこないました。
顎間ゴムの3級ゴムを使用することで上顎の奥歯を前に動かすと同時に、下顎の前歯を後ろに下げています。下顎の奥歯は傾いていた歯を直立させることで歯冠の位置を数ミリ後ろに下げています。
咬み合う面を反時計回りに回転、下顎は意図的に時計回りに回転させることで著しい下顎前突を外科手術をおこなわずに改善しました。動的治療は2年9ヵ月です。

保定(動的治療1年6ヶ月後)

保定口腔内

治療後の咬み合せの状態を維持しています。下顎の右側の犬歯にスペースができていますが、患者さんは今のところ再治療を希望していないため経過観察を続けています。

初診時(35歳8ヶ月)

セファロ・パノラマ

治療前セファロ・パノラマ

治療経過

上下顎にマルチブラケット装置を装着。
3ヶ月後に下顎第三大臼歯にバンド装着。オーバーレイ(0.016インチ(0.40ミリ)×0.022インチ(0.55ミリ)TMA wire)にてレベリング開始。
4ヶ月後上下顎に0.016インチ(0.40ミリ)round SS wire セット。下顎左側第二小臼歯と第三大臼歯、下顎右側第一大臼歯と第三歳臼歯間にパワーチェーンを装着。
5ヶ月後に下顎0.016インチ(0.40ミリ)×0.022インチ(0.55ミリ)SS wire をセットし、パワーチェーンを継続。
7ヶ月後から顎間ゴムの3級ゴムを24時間の使用開始。
10ヶ月後に下顎犬歯と第三大臼歯の間にパワーチェーンを装着。
20ヶ月後に上顎0.018インチ(0.45ミリ)×0.025インチ(0.63ミリ) SS wire アイディアルアーチを装着。下顎に0.017インチ(0.43ミリ)×0.025インチ(0.63ミリ)SS wire にV-loop(ブイループ)を組み込んで装着し、バイパスセット。
29ヶ月後下顎0.017インチ(0.43ミリ)×0.025インチ(0.63ミリ)SS アイディアルアーチ装着。U&Dゴム使用開始。
治療期間33ヶ月にて動的治療を終了しました。3級ゴムを22ヶ月、U&Dゴム4ヶ月使用。上顎をペッグタイプリテーナー、下顎を3-3fixで保定。

開始時:上下にマルチブラケット装置を装着

経過資料

1ヶ月

経過資料

2ヶ月

経過資料

3ヶ月

経過資料

3ヶ月半

経過資料

4ヶ月

経過資料

7ヶ月:3級ゴムを24時間使用開始。

経過資料

15ヶ月

経過資料

20ヶ月:上顎に0.018インチ(0.45ミリ)×0.025インチ(0.63ミリ)SS wireのアイディアルアーチ、下顎に0.017インチ(0.43ミリ)×0.025インチ(0.63ミリ)SS wire にV-loopを組み込んで装着し、バイパスセット。

経過資料

23ヶ月

経過資料

24ヶ月

経過資料

26ヶ月

経過資料

29ヶ月:下顎に0.017インチ(0.43ミリ)×0.025インチ(0.63ミリ)SS アイディアルアーチ装着。U&Dゴム使用開始。

経過資料

30ヶ月

経過資料

31ヶ月

経過資料

動的治療終了(38歳7ヶ月)

セファロ・パノラマ

治療後セファロ・パノラマ

検証・治療前後の比較(セファロの重ね合わせ)

治療後セファロ・パノラマ

(左)治療前後のS-SNでの重ね合わせ(黒線は35歳8ヶ月、破線は38歳8ヶ月)

(右)治療前後の上下顎骨および軟組織の重ね合わせ(黒線は35歳8ヶ月、破線は38歳8ヶ月)