HOME > 矯正治療について > 大人の矯正 > インプラントを用いた矯正治療

インプラントを用いた矯正治療

インプラント矯正とは

インプラント矯正

インプラント矯正で用いられるインプラントアンカーは、人体に安全なチタン合金でできたネジのような小さな矯正装置です。通常の矯正治療では、歯同士を固定源として歯を動かしていきますが、インプラントアンカーを埋入すれば、インプラントを固定源として全ての歯を同時に動かすことができるため、治療期間の短縮が期待できます。

インプラントアンカーのメリット/デメリット

<メリット>
・歯を動かす場合の「まずは犬歯を、その次は前歯を移動させる」といった手順を省き、一度に歯の移動ができるため、治療期間の短縮が期待できます。
・前歯を大きく移動させる際に被らなければならなかったヘッドギアを使用せずに済むようになります。
<デメリット>
・インプラントの埋入手術が必要になります。
・治療中にお口の中の衛生状態が悪くなると、炎症を起こす可能性があります。
・骨が発達しきっていない子どもの矯正治療ではインプラントアンカーは使用できません。
・大人でもお口の中の状態によってはインプラントの使用が適さない場合があります。

インプラントアンカーを用いた矯正治療例

インプラント矯正

初診相談時22歳4ヵ月。インプラントアンカーを用いて、2年間で叢生(八重歯)を中心に全体の歯並びを矯正しました。

治療前
インプラント矯正

治療後
インプラント矯正

この患者さんは歯学部に在学中で、八重歯を治したいと来院されました(歯学部に行くまでは八重歯はチャームポイントだと思っていたそうです)。上の奥歯が前に移動してきており、その歯を後ろに戻すためにヘッドギアの使用が必要でしたが、ご自分にとって毎日の生活の中でヘッドギアの使用は難しいというご判断と、卒業式までに治療を終了したいというご希望から、インプラントアンカーを使用しました。短期間でとてもきれいに治りましたね。

この症例の治療期間 2年
通院回数 月1回程度の通院
標準的な費用の目安 65~95万円(税別)
※インプラント埋入手術費は別途【提携病院実施】
※別途、初診相談料5千円、検査診断料5万円
副作用・リスク 歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
インプラント埋入手術後に口腔内の衛生状態が悪くなると、炎症を起こす可能性があります。
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。