HOME > 矯正治療について > 大人の矯正 > 連携歯科医療

連携歯科医療

連携歯科医療とは?

連携歯科医療(インターディスシプリナリーデンティストリー)とは、一般歯科の先生と協力(コラボレーション)しておこなう治療のことです。一般歯科の先生からご紹介を受けて治療にあたる場合もありますし、一般歯科を受診された患者さんが、先生から「矯正専門医にみてもらったほうがいい」との助言をうけて、当院を受診されるケースもあります。一般歯科の先生と密に連絡をとって治療をすすめていきますので、安心してご相談ください。

連携歯科医療の治療例

ケース1

治療前
連携歯科医療の治療例
連携歯科医療の治療例
連携歯科医療の治療例

治療後
連携歯科医療の治療例
連携歯科医療の治療例
連携歯科医療の治療例

連携歯科医療の治療例

60代の男性の方で前歯は入れ歯をお使いでした。なんとかブリッジにならないかと歯医者さんに相談に行ったら、下の前歯のデコボコがきついのでブリッジは難しいとのこと。そこで当院へいらっしゃいました。治療期間と残される歯の健康を考え、一番歯肉のさがった前歯1本を抜歯し、治療をおこないました。
矯正治療後、上の欠損分はインプラントを用いた治療がなされました。とても60代後半とは思えない若々しい口腔内です。治療後の笑顔も素敵です。

ケース2

治療前
連携歯科医療の治療例
連携歯科医療の治療例

治療後
連携歯科医療の治療例
連携歯科医療の治療例

30代の女性の患者さんです。知り合いの歯科医師から治療を依頼されました。右下の6番目の歯が虫歯で崩れ、根だけになってしまい、その空間にむかって周りの歯が倒れ込んで、かみ合わせが乱れていました。

矯正治療でかみ合わせを正しい状態に戻し、虫歯の歯は抜いて、そこに反対側の親知らずを移植しました。患者さんはよくかめるようになり、大満足でした。

ケース3

治療前
連携歯科医療の治療例

治療後
連携歯科医療の治療例

患者さんは40歳の女性。上の前歯の被せた歯の歯頚部が黒くなったことを気にされ、また反対咬合(受け口)をなおしたいと一般歯科の先生を受診されました。
当初、患者さんは、前歯を6本削り、被せものをして、反対咬合をカムフラージュする治療をご希望でした。しかしながら、歯の健康や口元の美しさなどを考えると、時間がかかっても矯正治療をおこなったほうがよいと一般歯科の先生に説得され、私のところを受診されました。叢生(デコボコ)と反対咬合があります。

治療前の側貌では反対咬合の影響で、下唇が突き出ています。矯正治療後に前歯のメタルボンドクラウン(被せもの)を再生しましました。とても美しく若々しい口腔内になりました。治療後の口元をみると、下唇の突出は解消しています。