HOME > 矯正治療について > 大人の矯正 > 叢生(八重歯)

叢生(八重歯)

叢生とは?

叢生については、歯が1本だけねじれて生えているものから、歯が生えるスペースが大幅に不足しているものまで、程度はさまざまです。ご本人が気にされた場合、治療の対象となりますが、気にされない場合でも、叢生によって大きな負担がかかり、歯肉や歯槽骨の喪失が認められる場合は、治療の必要があります。また、むし歯ができた時に治療が難しいような歯並びの場合は、矯正治療をした方が良いかもしれません。

大人の矯正治療例

ケース1

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

初診時28歳の女性です。前歯のデコボコ、下唇の突出、あごの痛みを訴えて来院されました。咬み合せの位置と、顎関節の位置に不調和がありました。叢生(八重歯)、ならびに上下顎前突の状態です。
デコボコと、唇の突出、咬み合せの位置のズレのすべてを解決するためには、上の歯4本(親知らずは抜かずに並べましたので実質2本)、下の歯2本の抜歯をして治療を行いました。
治療後、唇の突出は改善し、良いプロファイル(側貌:横顔)になっています。

ケース2

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

歯のデコボコを治したいと来院された20歳の女性です。叢生と、上下顎前突との診断で、小臼歯を抜歯し、治療を行いました。治療前の唇は突き出し、エステティックライン(Eライン:鼻の先とあごを結んだライン。唇がこのラインのやや内側にあるのが美しい横顔とされています)より、唇が前に出ていました。治療後は、唇が後退し、美しい横顔になっています。

この症例の治療期間 ケース1:2年10ヶ月 ケース2:2年5ヶ月
通院回数 月1回程度の通院
標準的な費用の目安 65~95万円(税別)
※別途、初診相談料5千円、検査診断料5万円
副作用・リスク 歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。