HOME > 矯正治療について > 大人の矯正 > 叢生(八重歯)

叢生(八重歯)

叢生とは?

叢生については、歯が1本だけねじれて生えているものから、歯が生えるスペースが大幅に不足しているものまで、程度はさまざまです。

ご本人が気にされた場合、治療の対象となりますが、気にされない場合でも、叢生によって大きな負担がかかり、歯肉や歯槽骨の喪失が認められる場合は、治療の必要があります。また、虫歯ができたとき治療が難しいような歯並びの場合は、矯正治療をしたほうがいいかもしれません。

大人の矯正治療例

ケース1

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

初診時28歳の女性です。前歯のデコボコ、下唇の突出、あごの痛みを訴えて来院されました。かみ合わせの位置と、顎関節の位置に不調和がありました。叢生(八重歯)、ならびに上下顎前突の状態です。

デコボコと、唇の突出、かみ合わせの位置のズレのすべてを解決するためには、上の歯4本(親知らずは抜かずに並べましたので実質2本)、下の歯2本の抜歯をして治療をおこないました。

治療後、唇の突出は改善して、よいプロファイル(側貌:横顔)になっています。

ケース2

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

歯のデコボコをなおしたいと来院された20歳の女性です。

叢生と、上下顎前突との診断で、小臼歯を抜歯し、治療をおこないました。治療前の唇は突き出し、エステティックライン(E-ライン:鼻の先とあごを結んだライン。唇がこのラインのやや内側にあるのが美しい横顔とされています)より、唇が前に出ていました。治療後は、唇が後退し、美しい横顔になっています。