HOME > 矯正治療について > 大人の矯正 > 下顎前突/反対咬合

下顎前突/反対咬合

下顎前突/反対咬合とは?

上の歯と下の歯のかみ合わせが反対になって、下の歯のほうが上の歯よりも突き出た状態で、一般に「受け口」と呼ばれています。 前歯1本だけかみ合わせが上下逆になっているものから、4本以上の歯の反対咬合まで、程度はさまざまで、審美的な面で気になさる方も多くいらっしゃいます。場合によっては、あごの手術を併用して矯正治療をすることがあります。顎変形症の手術を受けられた場合、当院での矯正治療は保険適用となります。

大人の矯正治療例

反対咬合/下顎前突は、生え変わりの時期(永久歯がはえそろう前)に治療をはじめることをお勧めしていますが、もちろん大人の方でも治療は可能です。

ケース1

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

こちらは、30代の女性の治療例です。この方の場合、抜歯をしなくても大丈夫でしたので、非抜歯で、比較的短期間に治療を終えることができました。

ケース2

治療前
大人の矯正治療例

治療後
大人の矯正治療例

大人の矯正治療例

大人の矯正治療例

39歳の男性です。前歯のかみ合わせが逆なこと、下あごが出た顔貌の改善を希望し、来院されました。骨格性の下顎前突です。

小臼歯の抜歯と、上下のあごの手術を併用し、治療をおこないました。顎変形症の手術をされたということで、矯正治療は保険適用となりました。治療後は若々しくなられ、治療結果に満足していただけました。