HOME > 星歯科矯正について > 星歯科矯正の特徴

星歯科矯正の特徴

歯科矯正治療は矯正専門医院で

日本矯正歯科協会(JIO)の 認定矯正歯科医
日本矯正歯科協会(JIO)の
認定矯正歯科医

矯正装置を装着すれば歯は簡単に動きます。ですから、上のあご、下のあごそれぞれで歯を綺麗に並べるのは簡単です。でも、上下のかみ合わせをきちんとつくることは、きちんとトレーニングを受けた歯科医師にしかできません。また、治療後に上下の歯がきちんとかみ合っていないと簡単に後戻りを生じます。歯科矯正治療は矯正専門医での治療をおすすめします。

当院の治療のコンセプトは機能に調和した美しい歯並び・口元です。歯並びだけが美しくても唇が閉じないようではお口の機能として問題があります。なにより、そのような口元は美しくありません。個々の患者さんに合った、最適な位置に歯を並べ美しい口元をつくり上げます。

日本矯正歯科協会(JIO)

日本矯正歯科協会(JIO)は、矯正歯科の学術団体です。100症例の厳しい基準で、患者さんの立場に立った専門医制度の実現をめざしています。

仕上がりが違います!オーダーメイドの矯正治療

当院は、矯正治療法のなかでも、特に医師の技術力が必要とされるスタンダードエッジワイズ法を用いています。
スタンダードエッジワイズ法は、あらかじめ平均的なサイズにつくられたワイヤーを装着するストレートワイヤー法とは異なり、最初から最後まで、患者さん個人の歯の形とアーチにあわせてワイヤーを曲げる“オーダーメイドの矯正治療法”です。そのため、治療の開始からゴールまでまわり道がなく、効果的に歯を動かすことができます。

ストレートワイヤー法においても、仕上げでは、個人個人の歯の大きさ、傾き、歯列弓の形などをあわせたワイヤーを曲げるのが基本です。省力化のため、仕上げすら既製のワイヤーで行う歯科医もいます。お気をつけください。

永久歯が生えそろう前のお子さんの治療もご相談ください

矯正治療をいつから始めればいいのか、お悩みの方も多いのではないかと思います。矯正治療は治療の時期によってI期治療、 II 期治療にわけられます。I期治療は乳歯から永久歯に生え変わる“混合歯列期”の子どもの矯正治療、 II 期治療は、永久歯が上下左右6番(第一大臼歯)まで生え変わった時期の矯正治療です。

成長発育期のお子さんに対しては、最適な時期に最適な治療をおこなうことで治療期間が短縮されます。永久歯が生えそろう前の混合歯列期に I 期治療をしておく必要があるケースもありますし、永久歯が生え揃うまで経過観察をして II 期治療のみおこなうケースもあります。お子様の機能の発育を第一に考えて治療をおこないますので、まずはご相談ください。

衛生面の安心

スタンダードプレコーションとは、医療従事者の衛生面の基準で、すべての患者さんの血液、体液、排泄物は感染の危険があるものとして取り扱おうという考え方です。この考えに従い、当院では毎回滅菌済みの器具を使用し、コップやエプロン、歯医者さんで空気をあてたり、水をスプレーしたりするシリンジという器具の先は使い捨てのものを使用しています。

器具は毎回オートクレーブ(右)で高温・高圧滅菌し、一回分をパッキング

オートクレーブ

オートクレーブ

オートクレーブ

コップ、エプロン、シリンジの先は患者さんごとに使い捨てにしています

コップ

エプロン

シリング